• Home 自己破産の条件

自己破産の条件

Pocket

連帯保証人になったり、債務を返そうと多重債務に手を出したりと、取り返しのつかない債務トラブルを抱えてしまった方は大勢います。中には債務整理などの方法で返済することが出来る方もいますが、それらの方法でも返済出来ない場合は、自己破産を申請して返済義務を解消しなければなりません。もちろん自己破産を行うのには多くの条件を満たさなければならないので、前もって法律事務所に相談して、自己破産を行えるか確認しておきましょう。

まず自己破産を行ううえで重要なのが、支払い不能であると認められることです。ある程度の収入を得ていて、それを定期的に得られる環境にあれば、月々の返済額を変更したり、金利負担を他の方法で解消することで、完済することが出来ると判断されることがあります。そのほうが住居などの財産を手元に残すことができるようになり、完済さえできれば元通りの暮らしを送ることが出来たりと、自己破産するよりも良い条件で生活できます。

また自己破産の条件として、過去7年以内に免責を受けていないことが挙げられます。例えば以前に自己破産をしたばかりで、再び自己破産を行うといった行為は認められないので、過去に金銭トラブルを起こしたことがある方は、免責を受けていないか確認しておきましょう。条件次第では過去に免責を受けたことがあっても、自己破産を行えることもあるので、そうした条件を満たしているか調べるためにも、必ず債務トラブルに強い法律事務所の弁護士に相談してください

Pocket